Onecosブログ

WordPress/Webサービス/ライフスタイルを紹介する個人ブログ

怪しいコンサルタント「融資お手伝いしますよ」私「手数料いくらですか?」怪コン「25%です」

time 2015/07/04

怪しいコンサルタント「融資お手伝いしますよ」私「手数料いくらですか?」怪コン「25%です」

会社を経営していると色々な人との出会いが多くあります。
「儲かる仕事ですよ!!」「まだ誰もやってない仕事ですよ!!」だったら自分でやって下さい。
「私の知り合いで有名な社長がいる」だからなんですか?「セミナー参加しましょう!!」行きたくないです。
「テーマは綺麗ry」興味ないです。「幸運の壺ry」

会社を初めてもう3年。
自分で事業をする人には様々な理由があり、自分のやりたい事を実現させたい人、親の事業を継いだ人、やりたくないけど会社にせざるを得なかった人、とにかくお金が欲しい人、有名になりたい人、カッコつけたい人、社会貢献したい人。

理由はどうあれ自分で仕事を作って運営してくのは大変な努力が必要だなと。時には怪しい話に乗りたくなる人もいるのもわからなくもありません。お金がなくなってくると麻痺してくので。

sponsored link

よく出くわす自称怪しいコンサルタント

経営コンサルタントって職業は非常に多いですね。素晴らしい人からどうしようないクズまで様々です。
しかし、複数のどうしようもないクズのお陰で素晴らしいコンサルタントの人も一緒に悪く見られる現実があるのも事実です。

素晴らしい人に多い傾向はコンサルタントとしての事業ではなく、自分で会社運営を行った経験があり、苦労して成功を収めた後にコンサルタントに変わった人ですね。とは言っても自分を「コンサルタント」ですとは言いません。

そのような人は殆どが自分の会社を持っていたり、どこかの役員になっている方が多い。第一線で常に活躍されてる人ですね。
しかし、ほとんど出会う機会がありません。

投資家を紹介される

先日、知人から紹介を受けました。その人は投資家で沢山の事業に投資しているとの事。だから一度話してみればいいじゃないか?と言われたのがきっかけです。

今作っているサービスがあって、もしその人が本物なら話してみようと。
うちは田舎なので、「投資家」と言われる人って中々出会えません。だから興味ありましたよ。一体どんな人なんだろうと。

待ち合わせは某大型ショッピングセンターのフードコード

前日に連絡しそちらに伺いますよと伝えたところ、事務所ではなく指定されたのが某大型ショッピングセンター。
どうして?と思ったけどまぁいいや、事業に成功している人はおかしい人も多いし。
投資家って初めて会うし、一体どんな人なんだろうなぁと期待を込めて翌日を迎える。

いざ当日、投資家に会う

指定された場所に行くと、待っていたのは40代くらいの男性。
ラフな格好で見た目は若い。
「へぇ若くして成功したんだな」と話を聞く前にそう思っていた。

名刺交換し世間話から本題へ。
・投資先に今年IPO(新規上場)する会社が複数ある。
・元々ベンチャーキャピタルにいた
・昔、4億の借金で破産した。でも今は会社を3つ程経営している。

話を聞けば良い事しか言わない。
友達にはベンチャー企業の役員。今年の年末に投資した会社が上場する。
話半分で最初から聞いているので胡散臭さは半端じゃなかった。

投資した会社名を聞いてその場で調べて、この会社ですか?と聞けば、一瞬固まる。
自分が投資した会社のWebを見て「え?あーはいはい。これです」そんなのすぐわかるだろう。

そうですか。もういいです。もう話している途中で結論に誘導したいのがわかりました。
そうです。融資コンサルタントです。

正確にはこの人は融資コンサルタントじゃなく、事業の内容を聞いて自分は投資出来ないが、もし資金が必要ならコンサルタントを紹介する。その人は何社も手がけている人で昔自分も世話になったと。
話をしていてどこかで話題を曲げても、ゆっくりとカーブしてそこに戻そうとします。

成功報酬だから費用はかからない。私の知り合いの会社で赤字で3000万融資実行された。融資コンサルタントで準備金を要求する人は信用出来ない。だから私が紹介する人は大丈夫。
そうこの人はその融資コンサルタントに会わせるための繋ぎなんですね。

で、コンサルタントの報酬はいくらですか?

よくもまあ堂々で言えるねって思いましたよ。
「決算書は改ざんする」「通帳も改ざんする」「売上作るため数社から仮の入金をするから大丈夫」「成功報酬型だから準備中は金がかからない」

投資家に飛びつく人は資金繰りに困っている人か、新しい事業へ手がける人など様々。
だから、投資家と言って興味を持たせ、裏では融資コンサルタントと繋がり、客を紹介して手数料をもらうんですね。
違った意味で投資家です。

へぇ〜すごいですね!!それなら銀行も騙されて貸すかもしれないですね!!
って騙されるわけないだろう!!
そこで聞きましたよ。

で、いくらですか?手数料

「25%です」

はい。でも予想より低かったですw
出資法では手数料の上限は5%なのでこれは違法ですね。
んじゃ2000万借りたら500万ですね。しかもその借金は会社で追って、私が保証人になるんですね。

事業初めて3年。初めて会いました。
もし、これが銀行にバレたら捕まるのはお願いした本人です。融資コンサルタントが銀行との折衝に立ち会うわけでもなく、銀行が感づいたら決算書を偽造したのは代表本人だと言うでしょう。

面白いのは、聞いてもないのにひと目の付かない所で会う理由を、税務署の職員がいたら困る、誰に見られているかわからない、新しい投資会社を立ち上げているがまだ事務所を借りていないと。やましいと思われる前に自分から理屈を言いボロを出しているのに気がついていない。

会社経営は危険な橋を渡る時もある

fewawae
キレイ事言うつもりはないですが、多少汚いことはしなければならない場合が時にはあるかもしれない。
しかし、それは法の解釈のギリギリのところです。
だからと言って人を騙してお金取ったことはありませんよ。
決算書を赤字にしたり、意図的に黒字にしたりいくらでも操作方法はあるし、売上をかさ増しして融資受ける事がだってあるかもしれない。

結局その場しのぎだけを続けると一番困るのが最後は自分なんですね。
大きな決断やその場で決めなきゃいけない時もある。
けども、金に目を眩んで即決するのはいかがなものか。

うまい話は世の中に沢山あります。
だからと言って全てが嘘とは限りません。本当にうまい話があるのも事実。
だけど、楽して金儲けって実は一番難しいんです。
資産がある人は始めは大変な努力をされたでしょう。

成功されている方の中には「自分は運が良かった」「時代が良かった」という人がいますが、そう話す人程
影では大変な努力をしている人が多い。

努力をしてもどうせ報われないと言う人はいますが、何かを成し遂げるには人一番努力しなければならない。
でも、自分が夢中になっている事っていくらやっても苦にならないですよね?
だから、本人は努力していると思ってない。

怪しい話には裏がある。でも結局見抜くには経験を積んで、自分で知識を付けることが一番の防衛策です。
お金に困った時程、感覚が麻痺します。
「どうしよう」「もう破産しようか」と悩む時もあるし、そのような時こそ「お金」に飛びつくもんです。
もしこれが、お金がない時なら引っかかっていたかもしれない。

これを読んだ方で、もしそのような人に出会っても騙されない事を切に願います。
そんな事で努力して営んだ会社を潰してはいけない。

sponsored link

音楽

管理人

Yuki

Yuki

本業はWeb制作やWebコンテンツの運営をしています。最近は動画制作も。日常やWordPress等の役に立つ情報を皆さんにお届けします

LikeBoxを表示するには、テーマカスタマイザーSNS設定FacebookページURLを入力してください

sponsored link