Onecosブログ

WordPress/Webサービス/ライフスタイルを紹介する個人ブログ

ヴァイオリンを弾こう!!楽しむ音楽Andre rieu(アンドレ・リュウ)の影響を受けて独学で挑戦する

time 2015/07/15

ヴァイオリンを弾こう!!楽しむ音楽Andre rieu(アンドレ・リュウ)の影響を受けて独学で挑戦する

突然だけどまったくの初心者のくせにヴァイオリンを弾こうと思った。しかも独学で!!
最近音楽の趣味が変わってきた。ジャンルを移行するというより聴く幅が広がったかな。中学校当たりから日本の音楽は余り聴かず、20歳まではRockやレゲエ、20歳移行はSwingとRockを主に聴いてきた。
最近奥さんの付き合いでフジコ・ヘミングのコンサートに行ったらクラシックもいいなぁと思い始めたんだよね。自分でも驚きだけど結構いいもんだ。

ピアノ単体は余り好きになれず、やっぱオーケストラがいいなぁ。
でもね、あの黙って聴かないと行けない雰囲気はどうしても性に合わない。Youtubeで色々探してたら楽しそうに音楽をやっている奴がいるじゃないか!!

sponsored link

音楽は楽しむもんだ!!Andre Rieu

ピアノいいな→オーケストラいいな→トロンボーンカッコいいな→ヴァイオリンいいなと流れました。
そこで出会ったのがAndre rieu(アンドレ・リュウ)

演奏している方も、見ている方も凄い楽しそうにしてる。
年配の方も皆ニコニコ笑ってるし、感動しているし心が和むな。

自分は音楽は「聴く」って言うより「流す」派だった。
だから英語の歌詞で意味はわからなくても、雰囲気だけ楽しめればそれで十分。
オーケストラに関しては「聴く」事の楽しさを覚えたと思う。

感動的な音楽も

アンドレ・リュウ(André Rieu, 1949年10月1日 – )は、オランダの音楽家・指揮者・ヴァイオリニスト。マーストリヒト出身。

ステージ上のこだわり
世界中で演奏活動を行い、ヨーロッパやアメリカで爆発的な人気を誇っている音楽家である。近年では日本をはじめ、アジア各国でもその演奏は知られるようになった。
「音楽は楽しむもの」という信念のもと、人々にクラシック音楽を楽しく・気軽に楽しめるように、各種ユニークな演出を試みながら指揮・演奏をするスタイルをとっている。
演奏するメンバーの衣装も、曲のイメージに合わせて、全く別の服や民族衣装に着替えたりすることもある。また、観客が気軽に参加できる場面も用意されている。
自身でヨハン・シュトラウス・オーケストラを結成し、ヨハン・シュトラウス2世などのウィンナワルツに特に造詣が深いことでも知られている。
wikipediaより

楽しむだけではなく感動的な音楽を演奏する。

美しく歌うMirusia Louwerse 。その歌声に観客は涙する。
いいですね!!なんて心が洗われるんだろう。

一部オーケストラファンには余り評判が良くないアンドレ・リュウだけ
「音楽は楽しむもの」の価値観は人それぞれだし、「音楽はこうあるべきだ」と固定観念も良くない。
要は聞く人が楽しめればそれでいいんだなと思う。

独学でヴァイオリンをどこまで弾けるのか?

ヴァイオリンをかじってみる

今活躍しているヴァイオリニストは幼少期から始めた人が多い。
3歳から初めてやっと花が咲く世界だって言われるけど、もう過去に戻れないのでとりあえず演奏してみる。

で、購入したのがこれ


安い!!色々調べて見ると安いのにはやはりそれなりに理由があって、逆に初心者には難しい事もあるらしい。
本体もそうだが、どうやら「弓」が重要らしい。
飽き性な自分はまずは購入し触ってみる事をしようと思い買ってみた。
大人は4/4のフルサイズ。
まずは入門として、もし失敗しても痛くない金額。

ヴァイオリンの独学は無理?

中学校から高校までベースは引いていたけども、ヴァイオリンに関しては押さえられないより、まず音が出ない。
またギターやベースと違い、指をおさえる所に印がない。
なるほど・・・。まず音が出ないもそうだが、指をおさえるところがわからないのはキツイ。
色々と探してみると、Youtubeに独学ヴァイオリンハウツー動画を発見!!

おお!!ありがたい!!
道具の説明から持ち方を説明してくれている。
しかも、「安いバイオリンはどんな音?(6300円の音色)」自ら買ったアマゾンの安いヴァイオリンのレビューもしてる。

この方は現在ヴァイオリンの先生をしていてその先生曰く、Amazonの安いヴァイオリンはなんとか弾けるレベルらしい。
いきなり10万以上のヴァイオリンは買いたくないので、3ヶ月程やってみて続けられそうなら高いのを買おう。

シリーズで見ていくと、マスキングテープで指を抑える位置に印を付けて身体で覚えるのがいいらしい。
よし、これだ!!これならなんとか覚えられる。

ヴァイオリンの譜面が読めん!!

ヴァイオリンは買った。持ち方、弓の弾き方を覚えるが、「音を出す」はそう簡単に行かないのでこれは練習が必要。
見てくれる先生がいないんで、全身鏡で自分を見てみる。
音はこれでいいのか?音程はあっているのか?正直わからん。でも何か引いてみたいと思っても譜面が読めん。

で、色々探した結果、海外で良いヴァイオリンのハウツーサイトを発見。

マスキングテープで印を付けている所のどこを抑えればいいのか、実際の音楽に合わせて覚えれる。
最高じゃないか!!
収録している音楽も沢山あり、今は必要ないけどパートまで分かれている。
しかもヴァイオリンだけじゃなく、ヴィオラ、チェロ、コントラバスも収録されている。

いいじゃないか!!これで何とかやってみよう
TOPからPLAY ALONG→を楽器を選択出来ます。
実際の練習画面はこんな感じ。
ヴァイオリン独学
ちなみにログインしないと、演奏が途中で止まります。
プランは4つありますが、まずはフリープランで良いでしょう。
収録曲も沢山あり、ホント便利です。

練習しているのはAir on the G String(G線上のアリア)

音楽っていい!!
興味ある方は是非!!
大人になってからヴァイオリンやるコミニティでも作るかな。
ちょっと本気で考えます。


sponsored link

音楽

管理人

Yuki

Yuki

本業はWeb制作やWebコンテンツの運営をしています。最近は動画制作も。日常やWordPress等の役に立つ情報を皆さんにお届けします

LikeBoxを表示するには、テーマカスタマイザーSNS設定FacebookページURLを入力してください

sponsored link